ブログ

【保存版】記事タイトルの決め方・読まれるための工夫を徹底解説!!

article-title

ブログの記事のタイトルってどうやって決めたらいいの?
読んでもらうための記事タイトルにするには?
読まれている記事のタイトルにはどんな特徴があるの?

 

そんな疑問にお答えしていきます!

 

以下は、わたしがメモ書きとして残しておいたツイートです。

今回の記事では、
このツイートをさらに深掘りして、

わかりやすくまとめてみました。

記事タイトルはなぜ大事?

article-title

ブログで記事を書く上で、
「記事タイトル」が大切な理由はズバリ!

  1. 読者が記事を読むか判断するポイントだから
  2. Googleに評価されるポイントだから

この2つです。

 

順番に見ていきましょう。

 

①読者が記事を読むか判断するポイントだから

 

GoogleやYahooのような検索エンジンでは、検索の結果としてこのような画面が表示されますよね。

 

title

この画面において、
大きめの青い文字で表示されるのが、
「記事タイトル」です。

 

うさちゃん
うさちゃん
一番目立つところだね!

 

読者はまずこの記事タイトルをみて、「記事を読むかどうか」を決めます。

 

ぽむ
ぽむ
タイトルが魅力的だと、読まれる確率が格段にアップするよ!

②Googleに評価されるポイントだから

 

そして、もう一つの理由がコレです。

 

Googleは、「読者の役に立ちそうだな」と評価した記事を検索結果の上位にあげています。

 

その上位にあげるための判断材料には、
「記事タイトル」も含まれるのです。

いわゆる「SEO対策」としても、
重要な意味があるわけですね。

 

ただ、Googleの理念自体が、
「ユーザーファースト」とされているため、

「読者の気持ち」を考え抜くことを意識すればOKです。

 

くまくん
くまくん
と言われても、それがむずかしいんだよね…。
ぽむ
ぽむ
具体的な決め方も紹介していくよ!

記事タイトルの決め方

title2

具体的な話に入っていく前に、
前提として覚えておいてほしいことがあります。

 

読まれやすい記事を書く上では、

「読者がどういった言葉で検索して、この記事にたどり着くのか」

を想定する必要がある!ということです。

 

うさちゃん
うさちゃん
狙いを定めるのが大事なんだね!
ぽむ
ぽむ
その通り!
ここからは、その想定した言葉のことを「キーワード」と呼ぶよ。

 

つまり、ブログの記事を書く際には、

想定キーワードを選ぶ
→記事本文を書く
→記事タイトルを決める

といった流れが自然です。

 

それを踏まえたら、記事タイトルの決め方の基本をおさえましょう。

  • キーワードを含める
  • キーワードは左側に
  • 32文字以内にする

 

この3点、かなり大事ですよ!

順番に解説します。

 

キーワードを含める

 

記事タイトルには、
キーワードを必ず含めましょう。

 

その際に守るべき原則は、ズバリこれ。

1タイトル→1キーワード

ひとつの記事タイトルに、
ひとつのキーワードを入れることを意識しましょう。

 

うさくま
うさくま
「ハンバーグ 作り方」は、2キーワード?
ぽむ
ぽむ
「ハンバーグ(の)作り方」を目的として検索されるから、
それは1キーワードとして数えてOKだよ!

 

NGなのは、例えばこのような選び方です。

キーワード:
「ハンバーグ オムレツ 焼きそば
作り方」

記事タイトル:
「ハンバーグ、オムレツ、焼きそばの
美味しい作り方紹介!」

 

記事の本文にも言える話なのですが、この場合、

「ハンバーグ 作り方」
「オムレツ 作り方」
「焼きそば 作り方」

と分ける形をとって3記事にした方が、
読者にとって明らかにわかりやすいですよね。

 

特に、最初に目がいく記事タイトルの部分は、

読者の知りたいことや、目的に直結していると一目でわかることが重要です。

 

必ず1キーワードのみを含めるようにして、
決めましょう。

 

くまくん
くまくん
ボクは全部好きだから嬉しいけどね…
ぽむ
ぽむ
目的や優先順位がわかりにくいと、検索順位も下がっちゃうよ。

 

キーワードは左側に置く

 

キーワードは出来るだけ左側に寄せましょう。

理由は、読者の目に止まってクリックされやすくなるからです。

 

「ハンバーグ 作り方」がキーワードだとすると、

  • 【ハンバーグの作り方】3つのコツをおさえれば美味しくできる!
  • 3つのコツをおさえれば美味しくできる!【ハンバーグの作り方】

並べると、どちらが目に入りやすいかわかりますよね。

 

「読者の目線」を意識してキーワードを配置することが大切ですよ。

 

うさちゃん
うさちゃん
同じ語句を使っていても印象が違うね。

 

32文字以内にする

 

記事タイトルは、32文字以内にしましょう。

 

理由は、検索結果に表示される文字数の上限が32文字だからです。

 

32文字を超えると「…」で省略されてしまいます。

 

example

この知識がなかったときのわたしの記事です。

良い内容の記事タイトルでも、
省略されてしまってはもったいないですよね。

 

ぽむ
ぽむ
失敗がここで役に立つとは…!(ポジティブ)」

 


差がつく!記事タイトルの工夫

title2

基本的なことに加えて、
さらに読まれている記事のタイトルには、

共通する特徴があります。

 

ここでは、記事タイトルに含めることで、

読者に読まれやすくなる代表的なものをまとめてみました。

  1. ベネフィット
  2. 理由
  3. 簡単・手軽さ
  4. 数字
  5. 意外性
  6. 万能感

 

これらをかけ合わせて使うことで、
より、読者の心をつかみやすい記事タイトルにすることができます。

 

具体例をまじえながら解説します。

 

①ベネフィット

 

ベネフィットとは、
「読者にとっての価値」を意味します。

この記事を読むとどんな良いことがあるのか、がわかるタイトルにしましょう。

 

「Googleアドセンスに一発合格した時に試した3つのこと」

このような、読者にとってゴールが見える内容の記事タイトルはGOODです。

 

②理由

 

「なぜそれが言えるのか」といった理由も含まれると、さらに説得力があるものになります。

 

とはいえ、文字数に制限があるので、
なかなか詳しくは書けないですよね。

 

そこで、このような理由になるフレーズを覚えて、記事タイトルに使うと便利です。

「実証済」「使ってよかった」「厳選」「体験談あり」

 

短い言葉でも、記事や筆者に対する信頼感がアップしますよね。

 

ぽむ
ぽむ
嘘はダメだよ!

 

③簡単さ

 

簡単さや手軽さを含めるのも、オススメです。
クリック率が上がりやすくなります。

 

例えば、こんなフレーズを入れてみましょう。

「〇〇のコツ」「スグに使える〇〇」「はじめての〇〇」

 

「自分にもできそう」「今すぐできそう」と思ってもらえると、

記事の内容も読む気になってもらいやすいです。

④数字

 

具体的な数字を含めると、かなり効果的です。

 

以下のようなフレーズを作ってみましょう。

「1万人が認めた」「90%の人が使っている」

具体的なデータがあると信憑性もアップして、情報に有効性が増します。

 

さらに、多くの人が使っていることがわかる数値が入っていると、

安心感も生まれやすいですよね。

 

⑤意外性

 

記事タイトルの意外性も、読者の興味を引くポイントになります。

読者を「えっ!」と思わせるフレーズを考えてみましょう。

 

「10分でできる!美味しいビーフシチューの作り方」

などの「手軽さ×数字×意外性」を含むタイトルは、よりGOODですよね。

くまくん
くまくん
ビーフシチューが10分でできるなんて!

⑥万能感

 

読者が知りたいことに対しての「万能感」を出しましょう。

「知りたいことが網羅されていそう」と思ってもらえることがとても重要です。

 

比較・まとめ系のタイトルもこの類に入ります。

やってはいけない!NGな記事タイトルの特徴

stop

逆に、やってはいけないタイトルの特徴も、
しっかりと書いておきます。

  • 記事の内容と一致しない
  • 誇張表現を含む

 

これらは結果的に、
あなたの信頼をダウンさせてしまうので、
絶対にやめましょう。

記事内容と一致しない

 

当然ではありますが、
内容とタイトルが一致しないのはNGです。

 

「ブログ初心者にオススメの記事まとめ」

といった記事タイトルなのに、

内容は、ブログ上級者向けの記事ばっかり…といったことにならないようにしましょう。

 

誇張表現を含む

 

内容的には一致していても、
根拠がない誇張した表現を含めるのもNGです。

 

例えば、こういった記事タイトルです。

「病気が絶対に治る!野菜炒めのレシピ」

 

「病気が絶対に治る」なんて保証のないことは書いてはいけません。

 

釣りはやめましょう。
特に、人の悩みを利用して釣るような記事タイトルは、言語道断です!

うさくま
うさくま
さすがにひどいね!

 

記事タイトルを決める上での大原則は、

読者を失望させないこと

です。

 

記事タイトルを考えるときは、
読者との信頼関係を築くつもりで、
誠意を持った工夫をしていきましょう。

 

ぽむ
ぽむ
信頼性が大切だよ。
うさちゃん
うさちゃん
記事を書くときもだね!

まとめ

 

記事タイトルをテーマに色々お話しましたが、ポイントをまとめます。

 

記事タイトルが重要なのは…

  1. 読者が記事を読むか判断するポイントだから
  2. Googleに評価されるポイントだから

 

読まれる記事タイトルの特徴は…

  1. ベネフィット
  2. 理由
  3. 簡単・手軽さ
  4. 数字
  5. 意外性
  6. 万能感

を含んでいる!

 

やってはいけない記事タイトルは…

  • 記事の内容と一致しない
  • 誇張表現を含む

こういった、読者をガッカリさせる記事タイトル。

 

これらの情報を活かして、

読者にとって魅力的な記事タイトルを作ってみてください。

 

最後に、ここまで読んでくださった方に1冊の本を紹介します。

 

 

この本は、
ブログの記事タイトルにも使えるフレーズが、
単語帳形式でのっていてめちゃくちゃ便利です。

 

メルカリなどでも、売り切れ状態が続いています。

わたしも使っているものなので、
よかったら使ってみてください。

 

今回の記事が、
少しでも参考になれば幸いです。

 

ぽむ
ぽむ
最後まで読んでくれて、ありがとう!

POSTED COMMENT

  1. […] 人気記事【セルフバック】気軽に稼げる!おすすめASPサイト5選【初心者OK】 人気記事【保存版】記事タイトルの決め方・読まれるための工夫を徹底解説!! […]

  2. […] 人気記事【保存版】記事タイトルの決め方・読まれるための工夫を徹底解説!! […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です