メルカリ

【メルカリのコツ】「売れない」と諦める前に「商品の情報」を改善しよう

idea2


メルカリで出品したけど、なかなか商品が売れない!
売りたい値段で購入してもらえない…。

この記事は、そんな風にお悩みの方向けの記事です。

「売れない」と諦める前に「商品の情報」を改善しよう

メルカリって出品したはいいものの、なかなか売れないと
モチベーションが下がってしまいますよね。

メルカリで商品を売る上で、最も大事なのが「商品情報」です。

そんなの当然だろ!と言われてしまいそうですが、
メルカリをのぞいていると、

この商品、すぐに売れそうなのに商品情報が原因で損してるな…。
と思えるものを結構な数、見かけます。

今年の調査によれば、
メルカリの出品数は、1ヶ月に1000万点を超えているそうです。

それほど出品数が多い中で、あなたの商品が選ばれるには、
「パッとみて、買いたいと思える仕掛けが、
とても重要になってきます。

商品情報は、そんな仕掛けを散りばめられる部分ですので

私は、メルカリを初めて2年目

メルカリで不要品を売って月に4万円ほど売り上げを出していますが、
「売れないな」と感じたことは、未だにありませ

もちろん、転売をしているわけでもありませんし、
ブランド品・高級品だけを扱っているわけでもありません。

ただ、もともと広告に興味があったこともあって、
マーケティングや心理学の本を読み漁っていた時期がありました。

そこで得た知識で、メルカリに応用できるなと思ったもの
実際に、メルカリを利用する中で掴んできたコツをお伝えしていきます・

とはいえ、難しいことや専門用語は何もありません。ご安心ください。

はじめに頭に入れておきたいポイント
  • 「お金を払う=信頼する」
  • 購入する人の気持ちになること

「写真」は、商品の状態が分かるように撮ろう

スマホでOK!高くて良いカメラを使う必要はナシ

よくメルカリに関する本を見ていると、
できるだけいいカメラを使うと良いということが書かれていたりしますが、

私の経験から思うに、写真撮影はスマホで十分です。

難しいことは考えなくてOKなので、
きちんと全体像がわかるように撮りましょう。

写真のポイント
  • 商品がきちんと見える明るさで撮る
  • 色味がわかるように、加工しすぎない

大切なのは、
写真が綺麗なことではなく、
商品の状態をしっかり確認できることです。

枚数は3〜4枚がベスト!商品の状態はしっかり伝えよう

さきほど書いた通り、購入者がみたいと思うのは、
綺麗な写真ではなく、商品の状態です。

色味は?柄は?傷はないかな?
実物を想像できることです。

傷や汚れがある場合は、
きちんとその部分をアップした写真を載せましょう。

そんなことをしたら、売れないんじゃ?
と思われるかもしれませんが、

承諾して買ってくれる人はいます。

私の出品した商品にも、傷ものが多いのですが、

同じものを持っていて、使っているものがかなりボロボロなので
傷があっても欲しいと思っている

と売れたことが何度かありました。

1枚だと売れ残っているものが多い
▶︎3.4枚がベスト

意外と盲点!背景で他の商品と差をつけよう

説明用

私はメルカリをのぞくのが大好きで、
1日3回以上は開いていますが、

どの商品も、背景が白orフローリングの写真が最も多いです。
7割以上がどちらかに当てはまると思います。

似たような商品が並ぶ中で
自分の商品を選んでもらうには、埋もれないようにすることも大切です。

目立たせるために、背景にこだわりましょう。

ちなみに私はメルカリ利用当初から、
背景に赤を使用しています。

赤は、人の購買意欲を高める心理効果があると言われているからです。
街中のSALEという文字や、特売品の値段に赤が使われているのもそのためですね。

背景が赤だから買う、という人はいないと思いますが、
圧倒的に目立つので、目を引く効果は発揮してくれていると思います。


「商品名」は、検索されやすいように正確に書こう

正しい商品名を入力しよう

自分の商品の正式名称を入れるようにしましょう。

とはいえ、40文字以内という制限があるのでそこは注意。

わからない場合は、購入時に商品が入っていた箱を見たり、
ネットで調べたりして、できるだけ正確な情報を入力します。

メルカリが自動で判別して入力してくれる場合もあります。

目的は、利用者が商品名を入れて検索した時に
バッチリ引っかかるようにするためです。

商品名を入れて検索する人は、
その商品を欲しいと思っていて、
値段や状態を比べて買おうと決断している確率がかなり高いです。

そう言った人たちに、
自分の商品を見てもらえる機会を、
自ら逃してしまってはもったいないですよね。

電子機器などは特に、
英語名だったり、長い名称だったり面倒な部分もありますが、

ここはきちんと入力することで、信頼感にも繋がるので、
手を抜かずにいきましょう。

先頭に魅力を伝える「キャッチ」を入れよう

商品名の欄の文字数に余裕がある場合には、
商品の魅力を伝える「キャッチ」を入れるのがオススメです。

キャッチの例

<div class=”simple-box6″><p>

【新品・未使用】商品名

【値下げ交渉OK】商品名

【レア商品】商品名

</p></div>

メルカリの商品情報の画面では、

もともと商品の状態を選べる仕様になってはいますが、
新品や未使用の場合は、あえて書きましょう。

こういった商品の魅力を目立つように先頭に持ってくることで、
注目される可能性がグンと上がります。

また、目立つことで記憶にも残りやすくなります。

とは言っても、嘘はダメ!

いうまでもないことですが、売りたいからと言って
新品でないものを新品・未使用と書くのはNGです。

ご存知の通り、メルカリには取引後の評価制度があります。

購入者の元に商品が届いたら、
出品者・購入者がお互いのことを評価をするシステムです。

ここで低い評価を受けると、あなたの商品を見る人からの
信頼度が下がってしまい、後々の取引に影響します。

結果的に取引が成功しづらくなってしまっては、
元も子もありませんので、あくまでも誠実にメルカリを利用しましょう。

「商品の説明文」は、購入に近い人ほど読む


10行くらいがベスト

説明文は、ものにもよりますが、
読みやすい長さとしては、10行程度が良いでしょう。

商品の使い方、注意事項はわかりやすく書くようにしましょう。

商品の公式HPやネットから引用するのもOKですが、

商品に型番、色の種類がある方はしっかり書いておきましょう。
ここでも検索されやすくすることが大切です。

また、最後の行に、
「不明点・質問があれば質問を受けるよ」と言った文を添えると
信頼度もアップし、よりGOODです。

写真・商品名を通して、欲しいなと思ってくれた人こそ
しっかり読むポイントなので、できるだけ丁寧に対応しましょう。

見た人の「どうして出品したんだろう?」に答えよう

未使用に近いくらい綺麗なのに、
どうして出品したんだろう?

メルカリで売るということは、
「使わないから売る」というのは暗黙の了解ではあるものの、

やはり、お金を払う人からすると
「この商品、本当に買って大丈夫かな」という不安が少なからずあると思います。

「貰い物だけど、自分には合わなかった」
「新しいものに買い替えた」

「商品を出品した理由」を簡単に添えるだけで、
購入者はあなたを安心・信頼することができます。

「#」ハッシュタグをつけよう

ハッシュタグというのは、

「#◯◯」の◯◯の部分に関連ワードを入れると
そのワードで検索された際に商品が表示される

というものです。InstagramやTwitterにもありますよね。

バーコードで読み取った商品は、メルカリのアプリが自動的につけてくれる場合もあります。

書籍なんかは、著者名やジャンルなどのハッシュタグをつけるのが一般的です。

4つ〜5つくらいが良いかと思います。

注意:タグの数はほどほどに。
あまりつけすぎるとメルカリからペナルティで制限をかけられてしまうと言う噂も。

「配送」は、送料込みで早い方が売れやすい

「配送料の負担」は可能なら、送料込み(出品者負担)が◎

商品の配送料は、商品によって変わってきますが、
小さいものであれば、200円もかからずに済みます。

メルカリでは、どの商品も送料込みで販売している人が多いので、
購入者負担だと、どうしても売れ残り安くなってしまいます。

 

できるならば、あまりケチらずに「出品者負担」を選択しておきましょう。

「発送までの日数」は、早い方が売れやすい!

発送の早さも、売れやすさに関わってきます。

基本的には、「1日〜2日」がGOOD

少し安い、同じ商品でも、
「4日〜7日」となっている商品は残っている印象があります。

とはいえ、仕事で忙しく、なかなか梱包や発送しに行く時間がない方も多いと思います。

書いた情報と、実際の発送のタイミングが違ってしまうのが
一番よくないですから、慎重にいきましょう。

もし、発送が遅れてしまいそうな場合には、
きちんとメッセージを送って対応するのが、信頼度アップに繋がります。

いかがでしたか?

メルカリのアプリを開いて、
1つでも試せることがあれば、諦めずに書き換えてみてくださいね。

ひとつひとつ細かく説明すると
手間がかかりそうと思うかもしれませんが、

やることはいたって、シンプルです。

購入者の気持ちになってちょっとした工夫をするですよ。

 

メルカリで購入したことがない方は、
一度、購入者の目線でアプリをのぞいてみることをオススメします。

この他にも、あなたが「こうした方がいいな」という気づきがあれば、
是非、1つずつ試してみて下さいね。

きっと、下がっていたメルカリへのモチベーションも上がって、
利用するのが楽しくなっていきます。

今回は「商品の情報」に絞って基本的なコツをご紹介しましたが、
実際に私が試してみて効果があったな、と感じたものはまだまだあります。

また追って更新していきますので、ぜひチェックしてみて下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です